拝啓、成長しないエンジニアたちへ

成長するエンジニアとは

拝啓、成長しないエンジニアたちへ

拝啓、成長しないエンジニアたちへとは

IT社会の進化を担っているのは、紛れもなくITエンジニアです。成長するエンジニアと成長しないエンジニアには明確な差があります。今の時代に期待されているエンジニアの姿は、単なる技術者としてのエンジニアではありません。これからの時代にあるべき理想のエンジニア像と、エンジニアの成長の過程を紹介します。

成功するエンジニアへ

成功するエンジニアになるには、理想のエンジニアになることが一番の近道でしょう。当然のことながら理想のエンジニアであるかないかで求人や案件の採用率も大きく変わってきます。採用後に成功できるかは人それぞれですが、採用されなければスタートラインに立つことすら難しいのです。しかしだからといって理想のエンジニアを目指して努力してきたとしても、実はその努力が見当違いのものであった場合、頑張りが水の泡となってしまう可能性があります。積み上げてきた努力の数が多ければ多いほど受けるショックも大きいものです。そのような事態を回避するためにも、早い段階で理想のエンジニアとは何か把握する必要があるでしょう。

成功するエンジニアへ

理想のエンジニアのあるべき姿

一口に理想のエンジニアといっても、企業規模や状況などにより違いがあるものです。それでもあえて例を挙げるならば、別のページでも述べましたが情熱を持ったエンジニアがそうではないでしょうか。情熱があれば更に良くしようと自らスキルアップを図るでしょうし、その情熱が周りに伝染しみんなで良いものを作ろうという雰囲気もできあがります。1人いるだけで全体を引き上げる事ができる、そんなエンジニアが理想であると思うのです。

エンジニアを抱える企業が重要視する事とは

一個人の意見はさておき、企業の場合はどうでしょうか。株式会社クックパッドCTOのインタビュー記事を参考に考えてみたいと思います。 クックパッドではエンジニアのあるべき姿として6つの指針を掲げています。その1つが「誰にも負けない分野」です。

それぞれの分野で高い技術力を持っているエンジニアが力を合わせることで、エンドユーザーの抱える問題の解決を試みる。いいエンジニアというのは誰にも負けない分野での技術力を持っているべきです。

優れた分野を持つエンジニアがそれぞれ力を発揮することで、より良い結果を生み出す事ができるでしょう。ユーザーのためという考えが根底にあるクックパッドでは、ユーザーに良いものを届けるためにも誰にも負けない分野を持っている事が重要視されているようです。

おすすめするエンジニアサイト

上記のことを踏まえると、良いものを生み出せるエンジニアが理想と言えるかもしれません。そんな理想のエンジニアを目指すのであれば、下記のエンジニアサイトを利用し経験を積んでいくと良いでしょう。

厳選の公開案件2,000件以上!案件数は業界最大級!数ある案件から最適な案件をご紹介いたします。

ジョブフリーランスでは非公開案件を含め多数の案件の中から自分の関心が強い案件を選べます。
関心のある案件であれば情熱を持って業務に取り組めるでしょう。

ジョブリーフリーランス

これまでの経験言語やこれから取得したいスキルなど、フリーエンジニア独自のキャリアを的確にヒアリングし、キャリアプランに沿った案件・求人募集情報のご案内をいたします。

レバテックフリーランスでは習得したいスキルに応じて案件を紹介してもらえます。
何か1つのスキルを集中的に磨き上げる事も可能でしょう。

レバテックフリーランス

おすすめの記事

Copyright © 2014 拝啓、成長しないエンジニアたちへ All Rights Reserved.