拝啓、成長しないエンジニアたちへ

成長することで得られるエンジニアの自由とは?

拝啓、成長しないエンジニアたちへ

拝啓、成長しないエンジニアたちへとは

IT社会の進化を担っているのは、紛れもなくITエンジニアです。成長するエンジニアと成長しないエンジニアには明確な差があります。今の時代に期待されているエンジニアの姿は、単なる技術者としてのエンジニアではありません。これからの時代にあるべき理想のエンジニア像と、エンジニアの成長の過程を紹介します。

エンジニアが自由を獲得するために!

独立という選択に惹かれるエンジニアは少なくありません。腕一本、技術本位の職業であるエンジニアが、いつかは独立して自由な働き方を手に入れたいと思うことに、何ら不思議はありません。ただ、独立することは誰にでもできますが、自由を維持することは思っている以上に難しいということを肝に銘じておかなければなりません。肝に銘じた上でチャレンジする価値は十分にあります。困難だからこそ、手に入れた自由の価値が高まるともいえるのですから。

エンジニアが自由を獲得するために!

エンジニアにとっての自由とは

エンジニアが欲する自由には、いくつかの種類があります。ひとつは働き方の自由。場所にも時間にも縛られないというワークスタイルです。次に、報酬の自由。給与基準に縛られるのではなく、完全成果報酬として自ら納得のいく報酬を掴み取る自由です。最後は、仕事を選ぶ自由です。数ある自由の中でも、エンジニアにとってはこれがもっとも重要なファクターです。会社員として働く以上、自ら仕事を選ぶことは不可能です。どのような技術分野に挑戦したいのか、どういった案件に携わりたいのか、自身の技術を使って何を提供したいのか。自分が関わる仕事を自分で考え、選ぶという自由です。これらの自由を手に入れようとすれば、必然的に独立という選択に傾くことになるでしょう。

独立前に知っておくべきこと

エンジニアに限らず、どんな職業にもいえることですが、独立すること自体はとても簡単です。誰にでもできます。難しいのは、独立後の事業と生計を維持し続けることです。会社員であれば、できるエンジニアであっても独立して成功するとは限りません。起業するにせよ、フリーランスエンジニアとして活動するにせよ、「仕事を獲得する」ことが何よりも重要になります。仕事を獲得できなければ、仕事自体ができません。わかりやすく言えば、独立ではなく、ただの無職の人になってしまうということです。
独立するならば、どこから仕事を取るのか?誰が仕事をくれるのか?そのアテをつけておくぐらいの賢さが必要です。今はフリーエンジニアならば仲介業者を利用する手段もあります。仲介業者について調べたり、案件情報をチェックすることで、独立後のイメージを具体的に描いてみるのも良いでしょう。そして、独立後に様々な面で役に立つものが、やはり人脈です。人脈なくして独立すれば、相当な苦労が待っていると思ってまず間違いありません。人脈形成は独立する前でもできることです。むしろ、独立前の方が人脈をつくりやすい環境にあるはずです。在職中から人脈づくりに意識をむけて、多方面に多くの人脈をつくっておいてください。

おすすめの記事

Copyright © 2014 拝啓、成長しないエンジニアたちへ All Rights Reserved.