拝啓、成長しないエンジニアたちへ

目指せ、上級エンジニア!成長の先にある理想像を考える

拝啓、成長しないエンジニアたちへ

拝啓、成長しないエンジニアたちへとは

IT社会の進化を担っているのは、紛れもなくITエンジニアです。成長するエンジニアと成長しないエンジニアには明確な差があります。今の時代に期待されているエンジニアの姿は、単なる技術者としてのエンジニアではありません。これからの時代にあるべき理想のエンジニア像と、エンジニアの成長の過程を紹介します。

上級エンジニアになるための道しるべ

上級エンジニアになるための道しるべ

成長できるエンジニアが目指すのは理想のエンジニア像です。理想のエンジニア像を具体的に思い描くことで、進むべき道も見えてきます。どういうエンジニアを目指すのか、その先何を手に入れたいのか。あえて考えたこともなかったという若手エンジニアもいることでしょう。目標が曖昧なまま闇雲に突き進むより、明確な目標を持つことでより効率的なステップアップが見込めます。

理想のエンジニア像とは

理想を追求して飽くなき探究心を持つエンジニアには、誰しも憧れることでしょう。そのような人が集まって成功を生み出すためには、挑戦できる社内環境が必要です。エンジニアの成長に挑戦は不可欠であり、かつその成長によって会社が全体として成長するという関係を軽視するべきではありません。情熱があるからこそ、人は苦手なものであっても克服し、次に繋げる努力をし続けることが可能になります。時にはその情熱同士がぶつかり合いながら、思っても見ない効果を上げることもあるでしょう。そして会社の姿勢としては機会の提供に留まらず、正当な評価をもってエンジニアの情熱と挑戦に応えることも大切です。 詳しくはこちら

エンジニアを成長させるベンチャースピリット

理想を実現するためであればどんな労苦もいとわないベンチャースピリットを共有することは、個々のエンジニアが成長する上で重要なことです。会社が明確な基準を設定して社員の誰もがその基準に従って行動するとお互いに信頼出来ること、また会社が社員に与える評価が正当であるとお互いに納得出来ることにより、ベンチャー企業として躍進する条件が整います。もっともその基準も評価もあくまで人が運用するのであって、これを杓子定規に当てはめるだけであれば、誰からの信頼も納得も得られるものではありません。そのため人対人としてフランクに話し合いぶつかり合う風通しの良い環境を整えることも大切です。 詳しくはこちら

エンジニアが自由を獲得するために!

エンジニアが自由な働き方を手に入れようとするならば、やはり独立という道を選ぶことになるでしょう。会社勤めのままで自由を手に入れるのは、ほぼ無理です。しかし、独立の道で成功しようとするならば、エンジニアとして優秀なだけでは不足があります。まず必要となるのが人脈です。仕事をくれるクライアントとしての人脈だけではなく、同業同士で連携し合うための人脈も必要です。仕事を獲得できなければ、いかに優秀なエンジニアであってもその才能をお金にかえることができません。人脈以外にも退職前にすべき準備は周到に整えることです。独立という選択の先にあるのは、決して平坦ではありませんが、チャレンジする価値は十分にあります。 詳しくはこちら

おすすめの記事

Copyright © 2014 拝啓、成長しないエンジニアたちへ All Rights Reserved.