拝啓、成長しないエンジニアたちへ

できるエンジニアになるには?成長しないのには理由があります

拝啓、成長しないエンジニアたちへ

拝啓、成長しないエンジニアたちへとは

IT社会の進化を担っているのは、紛れもなくITエンジニアです。成長するエンジニアと成長しないエンジニアには明確な差があります。今の時代に期待されているエンジニアの姿は、単なる技術者としてのエンジニアではありません。これからの時代にあるべき理想のエンジニア像と、エンジニアの成長の過程を紹介します。

成長しないエンジニアへ

成長しないエンジニアへ

成長しようという意思がないエンジニアは別として、同じように努力していても、その方向性が間違っていれば思うような成長にはつながりません。成長するエンジニアと、成長しないエンジニアにはその思考経路に共通する特徴があります。かつ、成長が止まりやすい時期やタイミングというものもあるようです。

成長しないエンジニアの特徴

エンジニアにも沢山のタイプが有りますが、どこの業界にも成長しないエンジニアはいるものです。その特徴の一つが全体像を把握しようとしないエンジニアです。この手のエンジニアは、細かい瑣末なところに拘ったり、業務の納期にかかわらず特定の案件に力を入れるなど、全体を無視した行動が多くなります。まさに木を見て森を見ずというタイプです。これはプロジェクト全体に対する当事者意識が不足しているエンジニアによくありがちです。また、妙に前例に固執するエンジニアがいますが、これも成長しないエンジニアの特徴です。本人が成長しないのみならず、下手をすればIT業界自体の成長を妨げる、厄介な存在となりかねません。 詳しくはこちら

エンジニアの成長と失敗

ソフトウェアエンジニアは個人の能力はもちろんのこと、チーム内でどのような役割を果たし、結果的に会社にどのような貢献をするかを基準として大きく評価が変わります。そのときに意識したいのが、掛け算の人を目指すということです。掛け算の人とは、自身が多くの実務をこなすような有能な社員であるだけでなく、周囲の人たちの生産性を上げていくこともできる人のことです。エンジニアのキャリアをスタートさせた頃は貢献や生産性など考えられず、むしろ教えてもらう立場なので、そこから少しずつ段階を経て、自分自身が掛け算の人となることを目指すことが大切です。 詳しくはこちら

企業側が感じるエンジニアの反抗期

エンジニアが数年経験を経て、自信過剰に陥ることは決して少なくありません。自分のアイデアや技術に自惚れてしまい、ともすれば意識ばかり高くてお粗末な結果を招きかねません。しかしこれもエンジニアの成長過程の一つとして周囲もある程度は受け入れる覚悟が必要でしょうし、エンジニアも自分が何の為に開発しているのか、という原点に繰り返し立ち返る訓練を積む必要があるでしょう。会社としても、採用した以上そのエンジニアには個人としての更なる成長を期待しますが、その一方で企業人として会社の成長を共に目指す意識を高めるよう願っているのです。 詳しくはこちら

企業側から見る成長するエンジニアとは

エンジニアが成長するために必要なものは、大企業にいようがベンチャーで起業していようが、フリーランスで活動していようが、基本は変わりません。過去、時代を先駆けたベンチャー企業の創始者たちがそうであったように、常に新しいものに敏感に反応するアンテナを持つことです。進化し続けるIT技術だけを追うのではなく、魅力的な人と接したり、技術以外の分野に目を向けるなど、360度四方八方へアンテナを張り巡らせます。アイデアや閃きは外部とのコミュニケーションから生まれることが多いものです。コミュニケーションを介して新しい技術や今ある技術の密度を高めるきっかけを得るということができるエンジニアは成長します。 詳しくはこちら

おすすめの記事

Copyright © 2014 拝啓、成長しないエンジニアたちへ All Rights Reserved.