拝啓、成長しないエンジニアたちへ

エンジニアの成長とは?若手のうちから知っておこう!

拝啓、成長しないエンジニアたちへ

拝啓、成長しないエンジニアたちへとは

IT社会の進化を担っているのは、紛れもなくITエンジニアです。成長するエンジニアと成長しないエンジニアには明確な差があります。今の時代に期待されているエンジニアの姿は、単なる技術者としてのエンジニアではありません。これからの時代にあるべき理想のエンジニア像と、エンジニアの成長の過程を紹介します。

若手のうちに考えるエンジニアの成長

若手のうちに考えるエンジニアの成長

成長できるエンジニアとは、具体的にどのようなエンジニアなのか。そして、成長できるエンジニアになるために何をすればよいのかを、若手エンジニアを対象に紹介していきます。エンジニアとして成長することによってフリーランスで働くことも可能になります。成長したエンジニアが活躍する案件事例は、フリーランス専用エージェントの求人募集を参考にすると良いでしょう。

エンジニアとして成長できる視点とは

成長しないエンジニアと、成長できるエンジニアは、視点そのものが異なります。成長するエンジニアは、物事を全て鵜呑みにしないという習慣がついています。クライアントからの要求であれ、設計書の内容であれ、全て自分なりに解釈し、そこにエンジニアとしての知識を付け加え、より優れたソリューションを提示しようという意識を持っています。これからの時代は、提案が出来るエンジニアこそ必要とされるようになります。狭い範囲で満足しているエンジニア、単なる作業者としての仕事しかできないエンジニアは、残念ながら成長は見込めません。より新しい技術や試みをしていくことで、会社からも世の中からも真に必要とされるエンジニアになれるのです。 詳しくはこちら

出来るエンジニアの本棚を真似よう!

エンジニアの優劣は、本棚にあらわれる場合があります。出来るエンジニアの本棚には特徴があります。優秀なエンジニアの本棚を見て学びとれるヒントは、本の活用方法です。往々にして、できるエンジニアの本棚は、非常に効率的に整理されている場合が多く、瞬時に必要な情報を引き出すための工夫がなされています。たったそれだけのことと思うかもしれませんが、これを学ぶだけで、若手エンジニアの成長に大いに役立ちます。特に見ておくと良いポイントは、本の分類の仕方です。各エンジニアが自分にとって、もっともわかりやすい基準で分類していると思います。優秀な先輩エンジニアの本棚を見れば、なるほどなと気付かされることがきっとあるはずです。 詳しくはこちら

若手エンジニアのために先輩が気をつけていることを知る

成長したい若手エンジニアは、ここで一度先輩の視点に立ってみましょう。社内文化として「仕事を教えない」という会社も少なくありませんが、先輩として若手エンジニアを迎える時には、そこに一工夫してみることで成長を促すことにつながります。まず仕事の割り振りを考える際には、若手が少し手を伸ばすことで新しい経験に触れられるように配慮します。もちろん実際の仕事であって学校教育とは訳が違うということは、はっきり教えておく必要がありますが、それでも若手が委縮したり、せっかくのやる気を失くしてしまうことを避けられます。そして少しずつであっても仕事を任せて責任を持たせるということも、自信をつけて成長させるためには有効です。 詳しくはこちら

おすすめの記事

Copyright © 2014 拝啓、成長しないエンジニアたちへ All Rights Reserved.